【墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便】隣にある・・・

👇 暗い夜空を眺めてほしい、そこに何が見えるのか……。 「死」を自ら選択しなくとも 「生」を受けた瞬間から 「死」は隣にある 生かされてる限り、生き続けよう. 日付は出発日の1985年8月9日。

8

日航機123便の真実は、ほぼ事実である

📲 当時の上野村の村長・黒澤丈夫氏には、取材時にあの日の記憶を語っていただいたが、十二日の晩にすぐ墜落現場は自分たちの村だとわかり、村民にも村内放送をして情報提供を呼び掛けていたという。

18

【墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便】隣にある・・・

🤜 2日後の22日に葬儀が行われた。 真夏の猛暑の中、マスコミの視線を遮るために全ての窓を閉め、暗幕を張って関係者以外の出入りが一切禁止となった。 一晩中電話が鳴り止まない部屋は、落合さんの部屋であった。

『墜落遺体』形を留めていない遺体の検屍作業…日航機墜落事故「身元確認班長」渾身のルポ

🖖 この人達は、誰も予期せず、落ちゆく恐怖の中で死していきました。 陽気でカラカラと明るい声で笑う親しみやすい先輩であった。 消息を絶って以来24時間目に発見された「もく星」号は、日本の航空史上最大の痛ましい事故を起こしていたのである。

16

「御巣鷹の尾根」で散った乗員乗客の壮絶な遺体確認作業の記録

🚒 なぜこのようなことが言われているのかということですが、1985年8月12日には相模湾でまつゆきという船が試験的に運転しており、ここからはなったミサイルであるオレンジエアーが2発当たったのではないか?ということが言われています。

5

「あんなの人間の遺体やない!」日航機事故で娘3人を失った夫妻の怒り(西村 匡史)

😔 飛行機の燃料から考えてこのような広範囲にわたって黒焦げになることが考えずらいということでここから出る仮説が自衛隊の特殊部隊が生存者にガソリンをかけて黒焦げにしたのではないのか?という憶測が飛び交ったり、また生存者を探していた自衛隊員が銃で撃たれて亡くなっているという情報もあります。 こうした無数の状況証拠を、現場の一人一人から聴き取り、学術的にまとめたのが、青山透子著の『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』だ。

14