「三菱自動車工業株式会社」 のリコール情報一覧(ID:1545)

📞 リコールされたトッポ。 調査リコールとは、車両に関する不具合や欠陥に関し、メーカーが予防的措置として自主回収した上で、原因を調査し、特定することを目的とするリコールであ る。

14

なぜ三菱自動車は不正に走ったのか 「技術屋の頑固さ」が落とし穴:スピン経済の歩き方(3/5 ページ)

😗 そのことは、当時の三菱自動車は、企業組織としては独裁型(図1)だったと推測します。

三菱自動車 「eK」など4車種30万台リコール ブレーキに不具合

👇 07 道路運送車両法改正でリコール制度が法律で明記されて翌年1995年1月に施行 1996. 不具合の内容は、過給機付きエンジン車のエンジンコントロールハーネスの配索が不適切なため、走行時の振動で当該ハーネスがインタークーラーのケースと接触することがある。 ・コルト 平成14 2002 年11月発売~平成17 2005 年10月頃 ・コルトプラス 平成16 2004 年10月発売~平成17 2005 年10月頃 ・グランディス 平成15 2003 年05月発売~平成17 2005 年05月頃. 15 前年9月届出のリコールに対 する再リコールを発表。

三菱 ミラージュ など9万2000台、アイドリングストップ後に再始動しないおそれ リコール

💔 ねじ締付け管理方法を怠り、六角ボルトの締付トルクを強く掛けす ぎた場合やカーブや旋回時に掛かる荷重により金属疲労が生じ、ハブが破断しやすいことも判明した[27]。 さらに、日産自動車との共同で取り組んでいる軽自動車の合弁会社の運営も「ぎくしゃくする可能性もあります」と高田氏は指摘する。

17

三菱自動車、「eK」「eK スペース」/日産「デイズ」「ルークス」計30万2097台をリコール

🤞 2002(米国)企業改革法「企業の粉飾決算や不正な会計処理を防止するために、内部統制の強化や管理体制の整備などを義務づける。 2002. 今回の設計不正の経緯を追うと、三菱電機の「悪質さ」が透けてみえる。

9

リコール等の重要なお知らせ

😈 それは……。 (週刊朝日2000年9月8日) 関連記事• この事件は、冷蔵車のクラッチ部品の欠陥、すなわち、エンジンとトランスミッションの結合部で、その剛性不足から破損してプロペラシャフトが落ち、同時に、周辺のブレーキ配管が破損したことが原因で、ブレーキ動作が不能に陥ったとされています。 改善措置は、エンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。

13

三菱自動車 「eK」など4車種30万台リコール ブレーキに不具合

👉 綾瀬市内の運送会社が所有する、重機を積載して片側2車線の走行車線(事故当時、付近にガードレールはなかった)を走行中の大型トレーラートラックトラク ター(ザ・グレート、1993年製)の左前輪(直径約1m、幅約30cm、重量はホイールを含めて140kg近く)が外れて、下り坂を約50メートル転が り、ベビーカーを押して歩道を歩いていた大和市在住の母子3人を直撃。 タイヤと車軸とつなぐ「ハブ」に欠陥がある可能性が高まり、翌年秋に業務上過失致死容疑で三菱自動車を立件する方針を固めた。 メーカーに対して国交省が口頭で厳重注意するのは極めて異例だ。

『三菱自動車はどうしてリコール隠しが多いのでしょうか? ...』 三菱 のみんなの質問

👏 前者では0. そこで、事件後、クレーム処理は事前の区分けをやめて、品質管理本部で一括して取り扱うことにしました。 19 山口県熊毛町でクラッチ系統 の破損でブレーキが利かなくなった冷蔵車が暴走し、運転手の男性が死亡(前述)。

4