サイバー攻撃で滅びる日本 :懲戒処分の社員の手紙まで暴露されたカプコンの情報漏えいが日本のゲーム開発にとって深刻なワケ

📲 クレジットカード情報は外部に委託しているため、流出はないという。 ロシア・モスクワに拠点を置くセキュリティベンダー、カスペルスキーのレポートは、Maze犯行グループはRagnar Lockerの犯行グループなどともに「ランサムウェアカルテル」を形成しており、Ragnar Lockerの犯行で使われていた手法がMaze犯行グループでも使用されるようになり、攻撃手法や知識を共有していると指摘しています。

19

カプコン サイバー攻撃の原因 米現地法人の“VPN”が狙われる

🤞 さらなる情報の公開を停止する見返りに、に11億円相当の暗号資産()を要求したとみられているが、同社は接触を否定している。

8

カプコンにサイバー攻撃 顧客情報など36万件流出の恐れ:時事ドットコム

✆ ではこのRagnar Lockerを使う攻撃者とはいったい何者なのか。 株式会社カプコンは、第三者による不正アクセス攻撃を受け、当社グループが保有する個人情報が流出しましたこと(以下「本インシデント」といいます。 賠償金額は1人あたり数千円~1万円ぐらいになると思われる• 2 流出の可能性を確認した個人情報 2021年1月12日発表の情報から更新はありません。

19

カプコンなどを襲ったサイバー攻撃 背後に「ランサムウェアカルテル」の存在?

☕ 支払いを拒否したとみられるカプコンだが、新ゲームの開発情報や個人情報などが暴露され続けている。 なお、流出した可能性のある個人情報の総数は、ログの喪失などから一部特定できないため、侵害の可能性のあるサーバにおける保有数を最大数としてお示ししております。 日本:カプコン情報流出専用お問合わせ窓口 電話番号(フリーダイヤル): ゲームユーザー問合わせ窓口 0120-400161 総合問合わせ窓口 0120-896680 受付時間:10:00~20:00 北米:カプコンUSAカスタマーサポートページ URL: 4. それが個人情報を漏えいした加害者になってしまった企業の社会的責任の取り方だろう。

12

不正アクセスによる情報流出に関するお知らせとお詫び【第3報】

✌ 英知法律事務所 岡村久道 弁護士• いったいどこからの攻撃だったのか(写真提供:ゲッティイメージズ) 大阪市中央区に拠点を置くゲーム大手カプコンが2020年11月16日、サイバー攻撃を受けて、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による被害を出したと発表した。 実は近年、Ragnar Lockerに限らず、ランサムウェアによる攻撃そのものの猛威は止まるところをしらない。

カプコンなどを襲ったサイバー攻撃 背後に「ランサムウェアカルテル」の存在?

✌ 流出の可能性として最大件数を計上。

13