10+1 website|柄谷行人「一般経済学批判」──もしくは「神は細部に宿る」として見るべきか?|テンプラスワン・ウェブサイト

💖 このユニットはソニーミュージックの小説イラスト投稿サイトに登録された小説を素材に歌をつくっていくという仕組みから生まれた。

16

柄谷行人「世界史の構造」序文を読んだ/日本人はなぜこんなに「平和信仰」が強いのか|kous37|note

😗 一つには、1990年以後、労働組合も左翼政党も弱体化しており、頼りにならなくなっていたからだ。

17

柄谷 行人 コロナ

😭 11月の第21回をもって同賞の選考委員を辞任。 僕らはもしかすると、知らずに、死なずに、凄惨な疫病のれい気の中をすでに潜った跡、跡そのものなのではないのか、大量死の影か抜け殻みたいなものではないかと。

11

『コロナウィルスと古井由吉』by 柄谷行人の洞察を具体的アクションに

💅 本書を読み興味深かったのはNAMを柳田國男の明治期の協同組合運動から説き起こしている点で、実は柳田國男の「民俗学」そのものが常民の知と生活の双方を包括する社会運動であり、その可能性と失敗、差異を明確にすることでNAMの意味はかなり明確になる気がした。 私は懐疑的だったが、ともかく同意した。 そういう姿はさすがに情けないもので、何か、がっかりさせられます。

5

作品社

🎇 彼は「の」というお題目が、実際には動物と人間との棲み分けの再確立でなければならないことを実感する。 ・『文學界』などの文芸雑誌や、日本文学を代表するような小説を読むのが好きな方 ・知識欲に飢えている方 です。 そして、 雪に包囲された閉塞感を海底に沈んでいる蟹と連想させて、 小説は進んでいきます。

19

『コロナウィルスと古井由吉』by 柄谷行人の洞察を具体的アクションに

🐝 けれども、ここが大事なところですが、本人たち(われわれ)には、そういうことは意識(自覚)できません。 このように労働者運動から消費者運動に向かう一方で、私は、それ以前の新左翼の過激な活動によって壊れてしまった街頭デモを新たな形で再建できる、と考えた。