8時だよ!通販生活®俳句生活|【公式】カタログハウスの通販サイト

👀 悲しみも怒りも無くて湧く泉 鉄猫• 泉湧く百年の記憶持ち 和泉明月子• 美しき泉やアングルの裸婦画を覚ゆ 朽木春加• 我といふ輪郭もろし泉鳴る 広木登一• Jinsei Saidai no Kono Toki ga! 豆腐屋の裏の泉で小休止 小鳥沢やすこ• 恍惚の深きへと母泉澄む かとの巳• 秩父路に独りたたづみ泉かな 岡﨑宙夏• 地の上に立ち空を仰ぐ。

19

空(そら)の類語・言い換え

👋 泉有り水の頭をもたげけり 松村貞夫• 泉辺に取っ手みたいに寝転んで ギル• 泉の静けさヴァイオリンの音色 中中• 泉湧く心底の泥動かざる 根々雅水• つまり、「指示を仰ぐ」は「目上の人に指示を求めること」です。 小田原や富士の泉は床下にうごく 木村波平• 泉あり手拭い広げ掬うなり 相良まさと• Googleに載らない泉で瞑想す 島村福太郎• 青空の泉へ垂らす首タオル 卓女• 昼の星落ちて泉の鳴き出しぬ 羊似妃• 黒き砂巻きて泉の湧きいずる 今村ひとみ• 口止めをして泉への藪ひらく ツナ好• 泉黙し地球の息を吹き出せり そうま純香• 死ぬらしき父を泉に浸してみん あまぶー• 空の地域または空間 の意• サファイアの指輪泉にゆらぎをり 郁松松ちゃん• 遊び疲れて昼になる泉かな 菊池洋勝• 石槍の鹿の血濯ぐ泉かな 石垣• 泉湧く地球粛粛公転す さるぼぼ チーム天地夢遥• 泉掬う逢ひたき人と会ふやうに 伊藤治美• BB弾浮かぶ夕べの泉川 藤咲大地• 鉛直に滾る泉の深ければ 池内ときこ• 女神呼べよ白川の泉充せよ 研知句詩 いつき組広ブロ俳句部• 命湧くマリアナ海溝にも泉 ただ 地蔵• 放課後は泉の音を聞く時間 影山らてん• 故郷の泉もとめて乗る始発 大道真波• 「空を仰ぐ」の使い方 「空を仰ぐ」を使った分かりやすい例としては、「絶好のチャンスを逸して空を仰ぐ」「娘のわがままに振り回されて空を仰ぐ」「私はふと空を仰ぐ」「彼女は空を仰ぐように呆れている」「逆転のタイムリーヒットを打たれて天を仰ぐ」などがあります。 こもれびの差し込む泉わが故郷 佐々木邦綱• 泉から子が生まれそう子を呑みそう 海瀬安紀子• 泉川ゆるやかな坂潤みたる 魚返みりん• 神域の泉に雨の波紋かな ういろ丑• 木々映り泉のあるを知りにけり 鷹之朋輩• 星の子の醒めて泉を見しといふ 佐々木教照• Archived from on June 19, 2010. ぽこぽこと魚からかいて泉湧く 石橋千佳子• 山降る見つけ足早泉かな 紫龍• 泉汲むヒカリを採取するごとく 雪音• 泉湧く余命の母の縫う産着 河野なお• 合宿の尽きたる頃の泉かな ほしの有紀• 始まりはちひさく点の泉湧く 円 美々• 寂しくて涸れた泉を知つてゐる 花伝 泉が涸れた理由が「寂しくて」なのだといわれるとなぜか納得します。

20

旧支配者のキャロル

📲るーと五富士山麓に泉あり 網代• 太閤の涙含有泉汲む 季凛• 「空を仰ぐ」の意味 「空を仰ぐ」とは 「空を仰ぐ」とは、 嘆いて神に訴えるように顔を上方へ向けることを意味しています。 泉浴びをんな幾度も転生す ダック• ワタシノ死ンダ泉、飲ホスアナタ 夏雨ちや• 撥条の緩みきるまで泉湧く 猫詠たま• 生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉 夏目漱石は明治43年6月上旬、小説『門』の脱稿前後、継続する胃の痛みを胃潰瘍と診断され入院しました。

19

「仰ぐ」の意味や読み方は?正しい使い方・類語・英語表現も紹介

💖 また、「ご指示いただければと存じます」も同様に「指示を仰ぐ」と言い換えることが可能です。

「指示を仰ぐ」の意味と使い方、敬語、類語、対義語、英語を解説

🙏 「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の違い 「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の意味の違い 「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」の違いを分かりやすく言うと、 「天を仰ぐ」と「空を仰ぐ」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

1

「青天を仰ぐ木」「こもれびの小径」公開

♥ 喧騒を百歩はずれて湧く泉 しゅういずみ• 一口を含めば凛と泉かな 酒暮• いっさいの人影流す泉かな しかもり• 初登山見つけた楚楚と湧く泉 冨川 友香理• 山陰の泉の横にアルミコップ 蓼科嘉• 泉なる愛のようなもの探して 菅原敏子• 長袖をまくり泉の底に触る 有本仁政• 真姿の泉にコイン光りけり 勢田清• 深泉に水神の立つあさぼらけ 秋結• 見つけたる泉の清さうたがはず 加世堂魯幸• 清泉も流れて明日ぞ濁れける 大阪駿馬• 砂踊る泉掬いてシェラカップ 乙華散• 霊泉にゆるりゆるりと深き皺 惣兵衛• 泉噴くマニュキュアの赤揺らめけり 安春• 神泉の光に耳を澄ませけり すがりとおる• 一番星泉の底は宙のはて しぼりはf22• 泉溢れ昨夜の愚痴が流れゆく 源氏物語• 父の前シャベルですくう泉かな 幸内悦夫• 泉泉野山に微か涸れ急ぐ 銀長だぬき• ぽちゃんとは鳴らぬ泉の張り具合 水花• 夜の泉懐かしきもののみ映し 蒼空蒼子• 龍神の泉や君に逢う明日 蒼來応來• 沢山の泉や曽祖母に会いに 高石たく• 山鳥の光ついばむ湧き泉 藤井眞魚• 「指示を仰ぐ」のビジネス敬語と使い方 「仰ぐ」自体は敬語ではない 「仰ぐ」は「人を尊敬する」という意味がありますが、「仰ぐ」自体は尊敬語ではありません。 現在はあまり使われていませんが、ただ単純に空を見上げるという意味も持っています。 把握と定着の早さが、こうしたフレーズに無駄な意味をもたせないため、一首として成功しているのだろう。

2

「仰ぐ」の意味や読み方は?正しい使い方・類語・英語表現も紹介

☮ モクモクと砂鮮明に泉湧き 獣羅• 地の底を旅して泉生まれくる 中嶋京子• どういった件で何の指示が欲しいのか簡潔にまとめてから、説明するようにします。 泉汲みコーヒーいれる小屋の朝 上原まり• 眼下には泉連なる柿田川 石田恵翠• また、うちわなどで風をおこして火の勢いを強める様子から、「人の気持ちをあおる」という意味でも使用されます。

19