大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』(本編)品詞分解のみ

🤘 動作の主体である道長を敬っている。

5

古典「大鏡」品詞分解・現代語訳 高校生 古文のノート

🙃 また入道殿射たまふとて、「摂政・関白すべきものならば、 この矢あたれ。 中関白殿(=道隆)、また、御前にお仕えしている人々も、 「いま二度延べ させ 給へ。

6

【品詞分解・解説】東下り(『伊勢物語』より)

🤩 直後に尊敬語が来ないときは必ず使役の意味となる。 」と申し上げて、延長させなさったのを、(道長は)心やすからずお思いになって、「それならば、延長なさい。 べき=当然の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。

12

古典シリーズ古文編「大鏡より・南の院の競射」

👏 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。 直後の「給ふ」も同じ。

7

【大鏡】南院の競射 解説 高校生 古文のノート

💙 」 みたいなかけ声から始まり・・・。

大鏡競弓競べ弓競射道長伝ノ四品詞分解現代語訳全訳

🙄 動作の主体である道隆を敬っている。

3

古典「大鏡」品詞分解・現代語訳 高校生 古文のノート

☘ 動作の主体である道隆を敬っている。 二重敬語。

4

「南院の競射」についてです。43個の敬語の敬意の方向(誰から誰に)...

♻ ヤ行上一段動詞「射る」連体形、「なにか」の結び な 副詞 射 ヤ行上一段動詞「射る」連用形 そ、 終助詞 な 副詞 射 ヤ行上一段動詞「射る」連用形 そ」 終助詞 と 格助詞 制し サ行変格活用動詞「制す」連用形 給ひ 尊敬の補助動詞「給ふ」連用形 て、 接続助詞 事さめ マ行下二段活用動詞「事さむ」連用形 に 完了の助動詞「ぬ」連用形 けり。 文末であり、かつ、係助詞がないことから終止形だと判断して活用から考えてもよい。

14

【品詞分解・解説】東下り(『伊勢物語』より)

👏 」と 仰せ られて、 させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。

2