都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能|NEWSポストセブン

😝 (7)IOCからのみ契約解除と大会中止が可能 今回のパンデミックのようなことがあっても、契約を解除し大会を中止する権利はIOCのみが裁量を持つということが、第66条に書かれています。

1

東京オリンピック中止時の違約金20億円!開催都市契約には違約金規定無し!損害賠償は保険金でカバー

✇ そんな莫大な金額を払えるわけもないので、政府も負担することになるでしょう。 やめられないでしょうね ・ すごく気になっていたのでありがとうございました!!! ・ 素晴らしいですね。

9

東京五輪中止ならどうなる? 日本から提案なら賠償責任発生か

☏ 開催可否を決定するのはあくまでIOCなのです。 東京都は、一方的に事業運営リスクだけを負っていることになります。

10

東京五輪の中止で、誰が損をするのか?経済的損失や賠償金は

❤ 東京オリンピックの開会式が予定される7月23日、聖火はどこに灯っているのだろうか。

17

【悲報】オリンピック中止で日本に数兆円の違約金発生か

☎ これは結論からいえば発生します!(泣) 東京都や国は損害を補償してもらえないけど、違約金は取られる、 という地獄のような状況なのです。 この契約ですが、結構とんでもない代物です。 その場合、誰が損害をかぶるのか? 立教大学法学部教授でスポーツ法に詳しい早川吉尚弁護士(52)に「法の見地」から五輪の行く末を占ってもらった。

4

東京五輪の中止で、誰が損をするのか?経済的損失や賠償金は

⚠ 企業間のライセンス契約でドラフトする例をたまに見かけますが、よほどの事情がない限り相手に拒絶される条件です。 五輪開催の決定権の全ては主催者であるIOCにある。 SNS(ネット交流サービス)では「責任放棄」「確認すべきだ」と批判する声が目立った。

20

国民・玉木代表が解説!オリンピック開催中止の違約金、結論は『ありません。しかし…』

😔 (上の数字はあくまで試算ですが) 約1. ただし、運営にあたって発生した支出はそのままマイナスとなり得ます。

12